fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示するフィリピン・ミンダナオ島でM7.7

地震・火山


近ごろ妙に京葉線が止まる。
遅延する。

たいていは接続する武蔵野線(車両がボロい?)の影響なのだが。

数日前には新浦安の隣駅で異音停車。

昨日はとうとう新浦安駅で、これ↓だ。


京葉線再び運転見合わせ 線路内発煙の影響で
12/2(土) 8:06

JR東日本によりますと、京葉線は新浦安駅で線路内の枕木から発火、発煙があったため、午前8時現在、上下線全線の運転を見合わせています。運転再開のめどは立っていません。


じつは11月30日に、JR西日本の神戸駅でも枕木から発煙。
もしかして「神戸(かんど)」と「浦安の国」でつながってる?

あひだの12月1日に、イスラエルがガザ攻撃を再開、ってのも。
なんだかねぇ....。


憶えてるかな、
和歌山の雑賀(災禍)崎で起きた、4月の岸田首相襲撃事件。

あのあとヤツが応援演説に来たのが、「日本は浦安の国」の新浦安駅だった。
 👉どうする日叛(にほん)、どうなる? 世界(2)

おかげで以降、新浦安は事象フィールド化。

ヒロシマG7サミットの5月には連続放火事件。

そのあとも、たとえば8月の大規模太陽フレアと新浦安駅の人身事故とかさ。
ちょくちょくリンクしてて。

このところの京葉線に、「なんか穏やかじゃないな~」って感じてたところに新浦安駅でしょ。

しかもイスラエルがガザ侵攻を再開した翌朝にだ。

これはちとヤバいかも。
大きいの来るかもな~。

と思ってたら。
夜になってこれ↓が来ちゃったわけ。

20231202M7.7

20231202津波注意報


12月2日の23時37分ごろ、フィリピンのミンダナオ島付近でM7.7。

気象庁は南西諸島および伊豆・小笠原諸島。
九州から千葉の太平洋沿岸に、津波注意報を発表。


もちろん日本に来た津波は最大でも八丈島の八重根で観測された40cmにすぎず、なんてことないじゃんと思われるかもしれない。

でもさ。
いまの事象って地球を俯瞰するカンジで見なくちゃいけなくてさ。

これって以前お伝えした、ガザ・イスラエル戦争のテーマ。
戦争と大地震」の世界的拡大の一環であり。

いずれ日本にも確実に波及しますよって、メッセージでもあるんよ。

そう考えるとヤバくない?

で、なんで一環だって思うのかといえば。

だってイスラエルがガザ攻撃を再開した12月1日。
フィリピン軍も、ミンダナオ島のイスラム過激派組織を空爆。
11人を殺害してんだぜ。

「11」は「地」の事象数だ。

そしたら2日にM7.7の大地震。
きょう3日にはおなじミンダナオ島で、カトリック教徒のミサがテロに狙われ。
7人が負傷。3人が死亡している。

7と3の「73」は「波」。
いうまでもなく、イザナミの事象数だ。


日本に津波が到達したのもきょう12月3日。
ひふみの日。

ひふみ=日月。
123=核のシクミの事象数。
って前記事に書いたばかり。

日本にとって今回の津波は、その来たるべき未来の暗示。
ということになる。

そもそもM7.7の「77」が意味してるのがこれ↓だしね。

ボックスカー

1945年8月9日にファットマンを投下したB29ボックスカー。

つまり、「ナガサキ」だ。

もちろんこじつけじゃないよ。
だって「M7.7」は、ヒロシマG7サミット初日の5月19日にも示されてるのだから。

それもみごとに、G7首脳の「原爆資料館」初視察をばっちり狙ったタイミングでだ。
 👉どうする日叛(にほん)、どうなる? 世界(1)

ミンダナオ島のM7.7も、とうぜんつながってると見るべきだろう。


10月7日のハマスによるイスラエル大規模攻撃は、アフガニスタン大地震とリンク。
キーワードは「七と十の生贄の祭り」。
そして「戦争と大地震」。

戦争と大災害だ。

これを地球規模で大展開しようとしてるのがいまのイザナミ高天原だし。
「ミロクの犠牲の十字」なんよ。

これからは人間も自然も神々も、「地球沸騰化の時代」ってわけ。


ミンダナオは「氾濫原の人々」を意味する地名らしい。

これも意味深。

同島では大谷翔平選手のMVPが発表された11月17日にも、M6.8。

また、11月20日には、パプアニューギニアのウラウン火山が大噴火。
ニギハヤヒの日の11月22日には、南太平洋のバヌアツでもM7.0の大地震。

11月8日にM7.0が発生したインドネシアでは、今日の夕方マラピ火山が大噴火した。


RINGOFFIRE.jpg

このリングオブファイア=環太平洋火山帯は、東日本大震災の前年にも活発化。
M8.8のチリ大地震では、日本にも1.2mを超える津波が到達。

巨大津波の予兆となった。

ことしは10月5日と9日に、鳥島近海地震で津波注意報。

ハマスのイスラエル大規模攻撃はその間の10月7日。

昨晩の津波注意報で携帯が鳴って飛び起き。
たかが数十センチの津波で鳴らすなよ!
と、お怒りの方もいるかもしれない。

ただ、いずれの津波もたかが数十センチとはいえ、どうも「いまエンジン吹かしてるトコ」って云ってる感がぬぐえないんだよね。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示するいい肉の日のオスプレイ墜落と、イクイノックスの電撃引退

ニュース


11月29日はいい肉の日。
73代横綱・照ノ富士の誕生日でもある。

そしてもちろん「父なる火の禊の十字=いきなりステーキ」。
「29(肉)のSHO-TIME」にかかわる事象日。

個人的には、親父と最後に会った日だ。


もちろん家族には云ってないんだけども。
うちのおふくろはイザナミの列島大攻勢の流れで病死。

いま思えば熊本大地震の予兆だった。

親父はイザナミ高天原の「ねんねこのシクミ」に組み込まれて、ロシアのウクライナ侵攻の予兆にされた。

実家の総鎮守の神はもちろん、イザナミノミコト。
そういうものだ。

二度あることは三度ある。
ってなわけで、もし僕になにかあったらブログで伝えてくれるよう頼んであるので。

そのときはみなさんが、なんの予兆だったか確認してください(笑)。


「73代=ナミの代(よ)」の照ノ富士は、3場所連続で休場中。
つまりお休み中。

なので、ことしの11月29日は事象日としてはちと弱いかな、と思ってたのだけど。

とんでもなかったね。

まさに「29のSHO-TIME」の事象化だった。

11月29日14時40分ごろ。
米軍横田基地(東京都)の「CV22オスプレイ」が、さかさま飛行ののち左エンジンが爆発して墜落。

搭乗員8人全員が死亡したと思われる。

しかも現場はまたしてもイスラエルの鹿児島!

鹿児島県熊毛郡屋久島町安房(あんぼう)の東方沖、約1kmの海上である。

20231129オスプレイ


同日、「生贄の大祭」の太陽では、ひさびさ✕クラス寸前のM9.8フレアが発生している。

月は右、太陽は左の左エンジンだし。
「太陽のミロク」もしっかり関与してるわけだ。


鹿児島は「ニギハヤヒの日の鹿児島の地震」でもお伝えしたとおり、イスラエルと同緯度。

屋久島はネゲヴ砂漠の位置にあたる。

ネゲヴとは「南」のこと。

前記事「イクイノックスと大谷翔平、世界最強の融合」で話題にした、「ミロクの犠牲の十字」の縦軸のワードだ。

おなじ29日、ダミアン・バイデンは西コロラドの風力発電関連工場を視察中。
とつぜん職員に話しかけ。
「私の随行者は世界を粉々にする暗証番号を持ってるんだ」とにこやかに笑ったそうだ。

いわゆる「核のボタン」である。

本人は冗談のつもりらしいが。
もしみなさんがこの職員の立場だったらどう思う?

僕なら内心、「きちがいかこいつ!」って感じると思う。
もしくは、「この大統領、ボケ老人かよ!」って、ゾッと身震いする。

だって車の運転どころの話じゃないんだぜ!

百歩ゆずってボケてないとしてもさ。
例の燃え上がるバースデーケーキといい、ジョークのレベルが完璧イカれてるよな。
完全にブラックやん。

大統領の公式ブラックジョ-クなんてシャレにならんわ。

こういうバカが国際社会をリードしてんだぜ。
ほんっとバカバカしすぎて涙が出てくる。


まあそれはともかく、重要なのが。
よりにもよって「29のSHO-TIME」の事象日に、アメリカの「核のボタン」と米軍機墜落がいっしょに示された点。

しかも屋久島だ。

屋久島については、過去に「厄島」だと書いたことがある。

2010年9月。
「ミロクの犠牲の十字」を完全成立させた、カグツチ娘AKB48初の奈良・薬師寺大講堂公演。

すなわち、「ミロク開き」公演。

おなじころ屋久島では、朝日航洋の大型ヘリが安房地区の紀元杉に接触して墜落。
乗員2名が死亡。

屋久島は厄島。
紀元杉は「期限過ぎ」だとお伝えした。

もう回避できる期限は過ぎたということ。

そして起きたのが、東日本大震災だった。

当時とくに注目したのが、会社名の朝日=東。
事故機が、北緯36度の「ミロクライン」に墜落した「日航123便」の残骸を回収したヘリだったってトコ。

ミロクと123。

カグツチ娘との「ミロク」つながりにくわえ。
2007年7月の気ちがいブッシュによる「米印123協定(原子力協定)」以降、「123」は核のシクミを意味する事象数だ。

わかってもらえると思うんだ。
厄島のヘリ墜落事故が、まさに福島第一原発(カグツチ出産)への予兆だったんだって。


今回は米軍のCV22オスプレイ。
墜落地点は基地のある東京でも、経由した岩国でも、向かっていた沖縄でもなく、屋久島。

4月に起きた宮古島の陸自ブラックホーク・ダウン同様、現場に誘導された感が尋常じゃない。

屋久島といえば、「縄文」だしね。

おまけに「29のSHO-TIME」のいい肉の日。

気ちがいブッシュの再来たるダミアン・バイデンの、「核のボタン」までリンクしている。

どう考えたって前兆としか思えないよ。


そうしたら今日30日。
まるでトドメの一撃のようになんと、イクイノックスの引退が発表された。

前記事「イクイノックスと大谷翔平、世界最強の融合」にこう書いたばかり。

>イクイノックスの今後は未定だが、
 もし引退するようならジャパンカップが第3段階の予告かもね。


なんかさ。
いま『Dr.ストレンジラブ』のコング少佐が頭をよぎったよ。
世界最強の馬ならぬ、世界最強の爆弾にまたがった....(苦笑)。




太陽フレアとのリンクって意味では、コメントいただいてる「アマテラス粒子」もやたら気になるよね。

宇宙からの超高エネルギー粒子だ。

観測されたのが2021年5月27日未明というから、日本本土でほとんど見れなかった(祝福されなかった)スーパームーンの皆既月食につづいて到来したことになる。

これも意味深。

なにより、米科学誌サイエンスに発表されたのが、新嘗祭の11月23日。

それこそ天照大御神が来年を予告する日だけに、「アマテラス粒子」がなにを。
どんな事象やシクミを意味するのか、じっくり考えてみたいと思う。

もちろん太陽のミロク「第2の生贄の大祭」の第3段階とあわせてだ。

茨(いばら)の城では、核融合に必要なプラズマの生成に初めて成功したと。
「バルス天神」の最凶事象日に報じられたばかり。

さっそく「地上の太陽」なんて、関係者がうそぶいてる時期だしね。


どうやら12月22日の冬至は、本気で事象を注視すべき日になりそうだ。

たとえば小さな地震であっても、起きる場所によっては深刻なメッセージをともなう。

ミロクの犠牲の十字2

第3段階が「ミロクの犠牲の十字」のタテ軸とつながるなら。

地磁気逆転よりまず警戒すべきは、常世波をともなう巨大地震だ。

タテ軸は北の常世(龍宮・凡海郷・八百比丘尼伝説)と南の常世(神武東征・非時香菓・補陀落渡海)を結ぶ。
巨大地震はそのどちらでも起こりうる可能性があるからね。

7月5日に示された「EVERGREENに水99るとは」は、イザナミ高天原による「常世国化」宣言。

日本(日叛)の常世国化は巨大地震。
世界の常世国化が地磁気逆転。

ってことになるのかも、しれない。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示するイクイノックスと大谷翔平、世界最強の融合

競馬


11月26日は「第43回ジャパンカップ」。

G1ヘッドラインは、
「世界の頂点へ、輝き続ける最強の覇者の軌跡」

まさに競馬界世界最強のイクイノックス。
&野球界世界最強の、大谷翔平選手のことだ。
と思った。

しかもイザナミの「43(黄泉)」回。
事象性の高いレース結果になるのはまずまちがいない。


イクイノックスは太陽のミロクの事象馬。
オオタニサンはイザナミ高天原の事象選手。


イザナミによる「国生み神事」が開始された2018年3月。
母なる「17」を背負ってメジャーデビューを果たしたのが、彼。

イザナミ高天原が成立した2021年には、初のMVPに輝いている。

202111191717b


かたやイクイノックスは、ロシアのウクライナ侵攻をともない太陽のミロク「第2の生贄の大祭」が開始された去年。
2022年の年度代表馬。
最優秀3歳牡馬。

ことしの初戦は「バルス天神」の日、3月25日。
UAEのドバイ・シーマCで優勝し、現役競走馬の世界ランキング1位となる。

その後も宝塚記念、秋の天皇賞を勝って、「世界最強」をキープ。
まさに輝きつづける最強の覇者だ。


11月17日。
大谷選手はメジャー史上初となる2度目の満票MVPを受賞。

新嘗祭の23日、ジャパンカップの枠順が確定。
イクイノックスは2番に入り、ああこれもうぜったい「2-17」だと確信。

イクイノックス1着固定の「2-17」からの三連単万券狙いで行くことにした。

結果は....。




1着  2番  イクイノックス    1人気
2着  1番  リバティアイランド  2人気
3着 17番  スターズオンアース  5人気

単勝1.3倍。
馬連1.8倍。
三連単は11.8倍。

「2-17」狙いはバッチシだけど、もう一頭が2番人気じゃねぇ。
ひそかにパンサラッサの逃げ残りに期待してたんだけど。


3着の17番スターズオンアースは、地上の星。

大谷選手はMLBのスターだし、地球母神イザナミの「アース」。
祝MVP馬券だって確信したのは、17番にこの馬が入ったから。

問題は2着のリバティーアイランドだ。
ニューヨークにある「自由の女神」の島のこと。

ことしのクラシック三冠牝馬だし、そりゃメジャーはアメリカだけど。
「こんなん来るんじゃね~よ」って正直思った。

馬券的にも、事象的にもだ。

どうやらイザナミ高天原も太陽のミロクも、まだまだダミアン・バイデンを使う気でいるらしい。

11月20日に81歳の誕生日を迎えたヤツは、こんな悪魔的な写真を投稿している。

2023バイデン誕生日

まるでイスラエルよもっとやれって念じているようだ。
すくなくとも僕には、炎上するバースデーケーキがガザ地区とWって見える。

きっとヤツ自身、ほんとはまだまだ火をつけ足りないんだろうな。

ウクライナ侵攻に、ガザ侵攻。
任期中にもう一発。

来年には、例の花の窟神社の第3の封印も解かれちゃうかもね。

ほんっと、やれやれだぜ。


イクイノックスは春分と秋分を意味する馬名。
春分秋分といえば、古代の太陽信仰。

この世界最強馬のバックには「太陽のミロク」がいるし、サッカーの世界最強を決める去年のワールドカップでアルゼンチンが優勝したのも、そういうこと。
国旗に描かれるのはインカの太陽神インティだ。

 インカ・インティ

つまりイクイノックスもアルゼンチン優勝も、インティ・ライミ(太陽の祭り)であり太陽のミロクの祭り。
すなわち、「第2の生贄の大祭」の一環。
その流れのあらわれだということ。

インティ・ライミはインカ文明の冬至祭。

そういった意味ではことしの冬至。
12月22日の事象にも、注意が必要かもしれない。

夏至の✕1.1大規模太陽フレア程度で済めばいいんだけども。


まえに9月9日のモロッコ大地震は、「ご来光の道」の日沈宮に対応しているとお伝えした。
モロッコは日沈む国だ。

レイライン「ご来光の道」は春分秋分ライン。
つまりイクイノックス・ライン。

「ミロクの犠牲の十字」のヨコ、「R369ライン」もそう。
いまのシクミ的には世界最強(凶)のイクイノックス・ラインだ。

そのイクイノックスと大谷翔平選手がはじめて融合したのが、ことしの3月20日。

例の「完璧な春分」である。

WBCでは侍JAPANが優勝。
大谷選手が大会MVPに輝いた。

この完璧な春分(大谷選手+イクイノックス)の事象的な意味は、イザナミ高天原と太陽のミロク。

「創世期」と「第2の生贄の大祭」の、完全なる融合。
まさに世界最強の融合だ。


だからこそ、大谷選手の29歳の誕生日に。
「ミロクの犠牲の十字」のイクイノックスラインで、「EVERGREENに水99るとは」が示されたんだよね。

事象ワード的にはこれも大谷選手+イクイノックス。
二回目の融合。

その結果、ウクライナ侵攻につぐ第2段階。
「29(肉)のSHO-TIME」が開幕。

そして勃発したのがガザ・イスラエル戦争。
オワリのはじまりの日のイスラエルによる、ガザ侵攻だ。

その発端となったのが、これまたイクイノックスな秋分の日。
G20ニューデリーサミットにおける、バイデンの「経済回廊」ときている。

「七と十の犠牲の祭り」の10月7日には。
ハマスのイスラエル大規模攻撃と連動してアフガニスタンで大地震が発生。

しかも前例のない四つ子地震だ。

戦争と前例のない大地震。
これなんかもろ「第2の生贄の大祭」と「創世期」の融合のあらわれだし、来るべき未来の雛型でもあるんだよな。


今回のジャパンカップは、シクミ的には三回目のイクイノックス+大谷翔平選手。
ってことになる。

イクイノックスの今後は未定だが、もし引退するようならジャパンカップが第3段階の予告かもね。

その場合、「ミロクの犠牲の十字」の横軸=イクイノックスラインにプラスして、気になるのが第3段階としての縦軸の動きだ。

もし動くようなら、「チバニアン」で示された地磁気逆転も、本気で視野に入れなければならなくなる。

このさきイスラエルがガザの北から南へ侵攻すれば、北から南の縦軸をも起動させることになると思う。

侵攻を阻止しなければ、たぶん確実にそうなる。

イクイノックスラインどころか「ミロクの犠牲の十字」全体が、世界最強の輝きを放つ破目になるわけだ。


イクイノックス(春分秋分)は東と西。
夏至と冬至は、南と北に対応する。

もし黄泉のジャパンカップの結果がウクライナとガザ侵攻につぐ、さらなる第3段階の到来を示唆するものなら。

かならずこんどの12月22日。
冬至に、なにか重要な事象が起きる。

それが南北や、縦を意味するものでないことを祈るし。
いきなり花の窟神社なんてのは、もっとかんべんしてほしいものだと思う。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示する葬送のフリーレン・地獄楽

音霊


☆葬送のフリーレン



エンディングテーマ~Anytime Anywhere




☆地獄楽~紙一重



関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示するきょう、火山対決の大一番!

地震・火山


今月8日、インドネシアでM7.0。

17日にフィリピンのミンダナオ島沖でM7.2。

20日にはパプアニューギニアのウラウン山が大規模噴火。

そして22日、南太平洋バヌアツ諸島でM7.0。

こうした環太平洋火山帯の活発化の影響は、とうぜん日本列島にもおよんでいる。

霧島と富士の、火山対決である。


とくにこの国においては、大地(地殻変動)の事象スポーツといえば、大相撲。

横綱白鵬の誕生日、3月11日の東日本大震災。

横綱日馬富士の誕生日、4月14日の熊本大地震。


ことし夏場所で復活優勝した横綱照ノ富士(11月29日生)は、以降休場中だが。

代わって土俵を盛り上げてるのが、夏場所で大関に昇進し、親方の四股名を襲名した霧島(4月24日生)と。

前頭15枚目の秋場所で優勝争いを演じた熱海富士(9月3日生)だ。

いま行われてる九州場所では、ともに11勝2敗で優勝争い。

その直接対決が本日結びの一番である。


優勝が決まるのは明日千秋楽だけど、とうぜんながらきょう勝った方が断然有利。

まさに火山対決の大一番!

といえると思う。

これはちょっと見逃せないよね。

今夜放送の「タモリステーション・富士山噴火、どうなる?どう備える?」

とともにだ。


ちなみに、

霧島といえば鹿児島。

鹿児島といえばイスラエル。

霧島連峰は旧約聖書のエリコ(ジェリコ)の戦いと同緯度。

「ヨシュアの呪い」で知られている。


かたや富士山は、「東京2020の呪い」だよね。

熱海で伊豆山土石流災害が発生したのも、この↓「東京2020」開幕前のイザナミの日、2021年7月3日だった。

100_0907.jpg


さてこの対決。

どちらに軍配が上がるのか!?

たぶんより母なる地球にグラウンディングし、マグマとつながってる方なんだろうな。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術