fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示する富士山の日+天皇誕生日の特大太陽フレア

宇宙


1月1日6時半 ✕5.0 能登半島大地震

2月9日22時 ✕3.3
 16日15時半 ✕2.5
 
 22日 8時 ✕1.8
    15時半 ✕1.7 
 23日 7時 ✕6.3


とくに肉の日の✕3.3。
(33は核のみらいの事象数)

日経平均株価が史上最高値を更新した22日と、

天皇誕生日で富士山の日23日の、サイクル25最大の✕6.3が。

なにかシクミのセッティングっぽくて、ブキミだよな〜。


ちなみに大規模太陽フレアは去年、

7月3日、ナミの日の✕1.0。
8月6日、ヒロシマの日の✕1.6。
8月8日、オオナムチの日の✕1.5。

とつづき、

それぞれ太陽のミロクとイザナミ。
太陽のミロクとヒロシマ。
太陽のミロクとオオナムチ。

との共鳴共闘関係を示してきたわけだけど。

おなじ流れで起きたのが、ことし1月1日の✕5.0と能登半島大地震のコラボ。

太陽のミロクと志賀大明神(恐怖のホタカ)の大共鳴だった。


2月23日の特大フレアが、太陽のミロクと富士山との将来的な大共鳴を暗示してなきゃいいんだけど。

なんせ2008年8月8日に富士山に初登頂した、88天皇の誕生日だし。

即位礼正殿の儀が10月22日の、オワリのはじまりの天皇陛下でもあるわけだしね。

(即位礼で万歳旗が落下した当時の安倍首相はすでにオワっている)

おまけに事象数的に大艱難時代(1260日)ともつながる、126代天皇だし。

まあ、たまたまってことはないわな。

いずれにせよ太陽のミロクと天皇(令和時代)の大共鳴は、避けられそうにない。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示する武豊火力発電所の爆発火災

ニュース


この事故のメッセージは、僕の事故と一緒。
おなじ流れ。

父なる火の禊の十字への警告だ。

JRAで武豊といえば日本武尊。
こっちは1文字ちがいのJERAだしね。

おまけに現場は愛知県知多郡武豊町竜宮1-1で。

武豊の町名は、合併のとき武雄神社と豊石神社からつけられたもの。

武雄神社は素戔嗚尊。
豊石神社は熱田大神。
ようするに日本武尊だ。

父なる火の禊の十字を背負うのが、ごぞんじ火の禊のスサノヲと、オワリの日本武尊である。

しかも地図見てたらさ。
まわりに高浜も美浜もあるんだよね。

ちとヤバくない?

武豊火力発電所の竜宮って地名は、武豊町に浦島太郎の伝説があるからなんだけど。

浦島伝説といえば、風土記の浦嶋子。
まさに高浜原発に美浜原発の若狭湾だ。

つまり武豊火力発電所の爆発火災もまた、もののみごとに。
「籠目+恐怖のみらい」とつながってることになるんだよね〜。

あるいは例の。
「六芒星(イスラエル)+核」ともだ…。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示するこれだけはわかってほしんだけど

個人事象


僕がこうなったのは、シクミの影響。

かねてから取り込まれていた、日本武尊のオワリのシクミだ。

神話では。
最後にミコトは足が三重に折れ曲がり、歩けなくなった。

僕の両足も事故で折れ曲がり、あさっての方を向いちゃってた。

表現させられたのはまさに、
日本武尊のオワリだ。


日本武尊のオワリとは、「父なる火の禊の十字」。

どうやら。
とうとうその時が迫ってきたらしい。


いま、世界の事象中心として動いてるのは、「ミロクの犠牲の十字」。

十字の南の常世は、南海トラフ。
北の常世は籠目と核。

百の御生れと恐怖のみらいくんだ。


父なる火の禊が核である可能性は高い。

むろん高浜原発プルサーマル3、4号機。
みらいくんとあかりちゃんの大爆発なんてのはカンベンねがいたいが。

気になるのがさ。
籠目+核(恐怖のみらい)が、
よもや六芒星+核に出やしないか?
ってトコ。

すなわち、イスラエルだ。


まさかの核テロがイスラエルで起きた日にゃ。

あの国、あの民族性だよ。

ハルマゲドンは間違いない。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示するなんとか

個人事象


がんばってま~す!

応援ありがとうッス!



関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示する病室にて

いざなみ


能登半島は男性のシンボル。
北陸は、イザナギの父なる越。

羽田空港の海保機も、ナギ。
みずなぎ。
機種番号は722。

7月22日はイザナミ黄泉がえりの日だ。


能登半島は東経137度のイザナミライン。

そもそも珠洲市を事象中心とする能登半島地震は、イザナミ高天原成立にともなって2021年1月にはじまったモノ。

去年5月5日の珠洲市震度6強は、イザナミ高天原「創世期」本格化の狼煙だったよね。

今後もゾロ目の日に注意だし、1月1日の大地震はまさに、父なる文明、父なる時代の完全なる終焉を告げるものだといえる。

「ミロクの犠牲の十字」の北と南の常世が心配だ。
とくに「百の御生れ」と「みらいくん」の若狭湾が。


能登半島の巨大地震は、恐怖のホタカ(志賀大明
神)。
羽田空港は、飛行神ニギハヤヒ。

ともに去年、登場を危惧していた神。
いきなりかよ!


2021年にうちの親父が逝った12月10日。
大谷翔平選手がドジャース移籍を発表。

赤から青へ。
青は、地殻変動。

ドジャースは、避ける人々。
逃げる人々を意味する。

で、「どこへ逃げようか」のタイトルで記事をアップした僕は。

どこへも逃げられんぞとばかりに交通事故で両足をへし折られ、12月12日から入院中ってわけ。

かくして1月1日の能登半島大地震。

ああ、僕らはほんとにもう逃げられないんだって・・・。

病室で携帯の緊急地震速報の音を聞き。
テレビのニュースを見ながら。

そう思ったよ。
関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術