fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示するうぉぉぉぉぉぉっ!!!

サッカー野球


WBC決勝

 アメリカ  010 000 010 
 日本   020 100 00✕ 






「大谷翔平とマイク・トラウト。
世界で最も優れた2人の選手の対決を見たくない人がいるだろうか」

エンゼルスのネビン監督はそう云って、シーズン開幕投手である大谷選手の決勝戦救援登板を認めたそうだ。

おなじエンゼルスに所属する2人の真剣勝負を目にするチャンスは、WBCをおいて他にはないからね。

そして驚いたことに、その対決は現実となった。

それも9回2アウト。
最後の最後の場面でだ。

いやほんっとシビレた。
鳥肌が立ったよ。

3ボール2ストライクのフルカウント。
6球目。
もしトラウトにホームランを打たれたら同点。
失投は許されない場面。

心臓が飛び出しそうだったという大谷。
164kmのストレートが力んでボールになったあと、彼が投じたのは140kmのじつにエグいスライダー。

トラウトのバットが空を切る。

うぉぉぉぉぉぉっ!!!

そりゃもう叫びまくったわ。

いや~~もうほんっと休みとっといてよかったぁ。
サイコーっす!!


前の記事で栗山監督は勝負師ではないってダメ出ししたけども。
申しわけない。
ぜんぶ撤回。
(サッカー森保への監督批判は撤回しないけどね)

栗山監督でなければ、全試合を通してこの野球アニメのような感動の展開は描けなかった。
野球の神様が脚本を書いたような、最後の最後の大谷VSトラウトの真剣勝負もありえなかったと思う。

栗山監督さまさまだよ。

そしてもちろん、この春分の日(米時間)の決勝。
WBC事象をウラで演出したのはイザナミ高天原。

すでにわが身はイザナミ高天原にあずけてあるわけだけど、その選択はやはりまちがいじゃなかったとあらためて思う。

3月21日春分の日。
ヒロシマの岸田のウクライナ訪問はあらたな大破壊の幕開け。

対するWBC決勝は、あらたな世界の幕開け。
その予告編なのなのだから。



WBC中継局FOXスポーツのインタビュー。




こちらはMLB TONIGHT。
レッドソックスの永久欠番、往年の大投手ペドロ・マルティネスからの賛辞に心打たれます。
(インタビューは0:40~)




関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

secret

余計なことをするな!余計なことをするな!

岸田首相のウクライナへのお土産が、まさかの必勝祈願のしゃもじでしたね。
以前からバカだとは思っていましたが、ここまでとは予想外で驚きました。
Twitterで見るまで知らなかったのですが、しゃもじは日露戦争の必勝祈願で厳島神社に奉納された縁起物(「飯取る」→敵を「召し取る」)だったそうですね。それをウクライナに渡すなんて・・・火に油どころかガソリンを注いだも同然。
確実に日本はプーチンに喧嘩を売りました。正直、恐怖しか感じません。正に「大破壊の幕開け」を早めていて眩暈がしそうです。

Re: 余計なことをするな!Re: 余計なことをするな!

>海さん
はい。完全なるノーテンキバカです。
こういうバカを支持する有権者も、党も。
救いようのないバカです。
しゃもじ応援はヒロシマ発祥。
厳島神社はM4.3の宗像三女神。
壱岐の隼都さんともみごとにぜ~んぶつながっちゃいます。
もちろん「水蛭子のうみの十字」とも。
春分+一粒万倍日+天赦日のこの岸田のノーテンキな呪詛は、それこそ万倍の破壊力をもってこの国に返ってきます。

ドングリ? クヌギ?ドングリ? クヌギ?

今朝の夢。
長々と見ていたのにほぼ覚えていません。

ドングリのハカマ部分が見えました。
パプリカという声も聞こえました。

そう言えば広島平和大通りで倒れた木はクヌギです。

しかし私はそれがどういうことなのかがわからない人なんですよ。

妄想的イメージでは
例の三日月マークの姫に私は鍵を貰いました。
身体に吸収されたようです。

一体何なのよ?としか思わない私なんですけれど
体調不良です。

親族の神職家系がビーナスゲートというならそれと関係あるのかしら?