fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示する千島列島の雷公計(ライコーク)島が噴火

地震・火山


6月22日の午前3時すぎ。
千島列島の雷公計島(ライコーク)が95年ぶりに噴火した。

噴煙は13000mに達したらしいから、かなり大きな規模の噴火だ。
2011年1月の新燃岳の噴火を憶えてる方もいると思うけど、あのときの噴煙は7000mだった。

気象衛星画像の右上をみてほしい。
小さな点だった噴煙が拡大していく様子がわかると思う。


201906220330.png

201906220600.png

201906220800.png

201906221000.png

201906221500.png

201906221730.png

最初の画像は午前3時30分。
最後のは17時30分のもの。
すでに噴火は終息している。

午前3時ごろから午後3時ごろまで。
だいたい12時間くらいの大規模噴火だったらしい。
(もちろん活動はいまもつづいてるんだろうけど)

噴煙の拡がりと日本列島を比べてみてほしい。
もし日本で起きてたら、すくなくともその範囲内は被害をうけてたことになるのかな。
たとえば新燃岳(鹿児島)だったら、四国まですっぽり包まれるカンジ。

6月18日に発生した山形県沖地震(震度6強)は、北米プレートの西側。
千島列島は東側だから、ある種の連動と考えていいのかもしれない。
だよね。
安倍日本にプレッシャーをかける、北米プレートのトランプ(切り札)さん。

雷公計は、アイヌ語で「地獄の穴」を意味するんだそうだ。

「雷公の計」とも読める。
雷公による計画的な噴火だ。

では雷公ってだれ?
と思って検索したら、北海道知内町に道内最古の雷公(なるかみ)神社があった。

鎌倉時代、砂金を探しにきた甲斐国(山梨)の荒木大学って人が、上下賀茂の神を祀らせたのが最初らしい。
ってことは、雷公とは別雷(わけいかづち)の神だ。

ホツマツタヱでは、別雷は瓊瓊杵(ににぎ)尊の称え名である。
天照大神の孫で、富士山本宮浅間大社の木花佐久夜毘売(このはなさくやひめ)の夫だ。
甲斐国といえば、もろ富士山だしな。

つまり雷公計島の噴火は、別雷神の計。
だとしたら山形県沖地震だけでなく、富士山ともつながってることになる。

今月13日。
富士山本宮浅間大社の末社、久須志神社(オオナムチ)の溶岩石の石積みと狛犬が崩れて登山道をふさぎ、7月1日の山開きがあやぶまれてるってニュースがあったばかり。

オオナムチの久須志(くすし)神社が、崩し(くずし)神社になってる状況なのだ。
まるで山体崩壊を暗示するかのように。

おいおい。そんな富士に、「山形県沖地震+雷公計島噴火」がつながっちまうのかよぉ。
かんべんしてくれよ~、と思ってた矢先。
コメントでとんでもない情報をいただき、思わず拳を握りしめた。

Junko Nakataniら、ワイタハグランドマザー評議会なる愚かものたちが、須走口五合目の小富士でファイアーセレモニーをやりやがったというのだ。
しかも、またしても星野村の「ヒロシマの火」でだ!
 
>緊急告知‼️ 本日(6月21日16時)広島の原爆の火で祈り合わせをします
                                      Waitaha Japan

雷公計島噴火の前日である。

2010年10月22日、13人のグランドマザー国際会議が奄美大島でやったヤツ。

『月黄泉のご神体(2)』に書いたよね。
そいつが東日本大震災とフクシマへの「オワリのはじまり」だった、と。

あのときは奄美豪雨。
母なる水。
こんどは雷公計島の大噴火。
父なる火。

そもそもなんで富士山でやるんだよ。
いったいその必然性がどこにある!?
こんバカちんどもがっ!

なにがホピの長老だよ。
いまやすっかり予言ビジネス。
大地の声すら聞けないくせに!

ホピならアメリカでやれ!
ホワイトハウスか国連本部か、慰安婦少女像の前ででもヤレよ!

よりにもよって富士山の日が誕生日で、2008年8月8日に念願の富士初登頂を果たした88皇太子。
いや、88天皇の時代だぜ。

黄泉の大地母神イザナミと、出雲88事象のオオナムチの、「国生みと父なる火の禊」の時代。
そのファットマンオオナムチが、日本の象徴たる富士山頂で、久須志(くすし)ならぬ「崩しの神」と化してる状況だぜ。

かんぺきパシリだよな。
Happyも、Junko Nakataniも変わんない。
おバカな上に偽善ぶったエセスピどもだ


富士山が噴火したら、どうせまた「浄化」とかいうんだろ。
それはな、原爆が浄化だと云ってるのとおなじなんだよ!


ホツマツタヱでは、瓊瓊杵尊(別雷大神)は一時期、富士山のふもとに宮を置いていた。
その前には、筑波山のふもとにもだ。
常陸国風土記の富士筑波伝説に語られる諸国をめぐる神祖の尊とは、瓊瓊杵尊のことだろう。

もし雷公が瓊瓊杵尊をあらわすなら、その噴火の計は、確実に富士山へとつながってゆく。
いまの「父なる火の禊」の流れとともにだ。



関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

secret

火と雷火と雷

雷公ではないですが
火と雷なら大宰府 藤原の道真 火雷天神
関係ないと思いますが

雷公雷公

雷公といえば菅原道真かと思いました。

タイトルなしタイトルなし

封神演義では、雷公鞭は、最強の武器の一つ。

漫画でも、原作でも、この武器の使い手の申公豹は、トリックスター・・。

猿田彦・・。

その気が被っているのなら、なにが起きるかわからん・・・。

ではまた。

タイトルなしタイトルなし

群馬県渋川市赤城町棚下にある、棚下不動の滝の遊歩道が、噴火と同じ日に大雨で崩落したそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010000-jomo-l10

元々あった遊歩道が崩落したのが3/11の震災で、今年の3/28に8年の歳月を経て修復したものが、6/22にまた崩落。
ここは裏見の滝だそうですから、「恨み」なんてことはないよね、と思いたいです。

スピイベントの詳細スピイベントの詳細

連投してすみません。
またまた主様がお怒りになられそうな記事を発見してしまいました。

「トヨタマヒメ富士日記」
例の、富士のスピイベントに参加された方のブログです。
htotunagari3776/entry-12483888841.html

ホピの予言によると、2019.6.22は「ミステリーエッグが孵化する日」なんだそうです。

『浄化の日』
最後の段階は「浄化の日」と呼ばれ、「ミステリーエッグ(神秘の卵)」とも言われている。
教えには卍(まんじ)、太陽、そして第三の力を象徴する赤色が描かれており、それらの行きつくところは全面的な再生、または破滅のどちらかとなっている。
わたし達がどちらに行き着くのかはわからない。

記事を読んで、本当に(勘弁してくれ)と思いました。

タイトルなしタイトルなし

いつも読ませていただいています。ありがとうございます。

先日の新潟・山形の地震、その後の熱海の地震も、発生時間が22分とありました。

神様だけでなく、これも関係ありますか?

Re: タイトルなしRe: タイトルなし

> なっとさん
はい。国生みに関係します。
22はイザナミがよく出しますね。

Re: タイトルなしRe: タイトルなし

> 海さん
ここの自治会長は星野さん。
裏見(恨み)=星野村のヒロシマの火。
富士も赤城も火山。
ともに崩壊の事象。
ああそうだ。赤城山といえば去年、大阪北部地震の前日に群馬県南微地震だりましたね。
あれオオナムチの地震でした。
富士山の久須志神社もオオナムチですよね。
崩壊(くずし)の神オオナムチ。