FC2ブログ

画像はないけど、日常のひとコマ。

というか非日常的なひとコマかな。

菅「バルス」首相が「海に流す」を正式決定した4月13日(火)。

夕方6時すぎ。

子どもが壺から水を流すタイプの壁泉の前。

ちょっとちがうけどこんなカンジ↓。
壺はもうすこし小さく、子どもの右肩だったと思う。

 壁泉

小雨の中、50~60代の黒いスカートの女性が、傘もささずに手を合わせていた。

それも上着を脱いで、上半身は白いブラジャーだけ。

長い黒髪が雨で腕にはりつき、なんだか洗礼でもうけてるような気がした。

さすがにほっとけなくて声をかけたが、「だいじょうぶです」と云って、またぶつぶつ呟いている。

呪文というか、祈りだったのかな?

「マリア」って云ってるのだけはわかった。

なおも声をかけると、女性はしつこいと思ったのか、「だいじょうぶです」と上着(これも黒)を着て大きめのバッグを抱え、またぶつぶつ呟きながらゆっくり去っていった。


そりゃ世の中にはおかしい人はたくさんいる。

イカレて見えても、人には人の流儀がある。

彼女は自分の中のわだかまりを水に流そうとしていただけかもしれない。

雨は降ってたけど、壁泉はこわれてるのか、水なかったけどね。

でもなんでよりにもよって、「海に流す」正式決定の日にバッティングする?

それも「おさな子と水」の壁泉の前。

「母なるもの」の名を口にしてるし...。

もろ水蛭子事象じゃん。

水がなかったのは、まだ「海に流す」前だから?


女性の後ろ姿を見ながらふと、「これなんのメッセージだ?」と。

でも自分が事象に取り込まれてるからこそ起きたバッティングなら、どうせろくな話じゃないし。

こないだの地震の夢と悪石島の受精儀礼みたいに、ろくな予告じゃないだろうし。

なんか頭の中ちょっとデジャヴってるし。

ああもういいや、このモヤモヤ感、雨といっしょに流しちまえ。

なかったことにしよう...と。


でもけっきょく気になるので、書きとめておくことにした。

そんなちと非日常的な、ひとコマでした。


関連記事
2021.04.16 / Top↑
Secret