fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示するクライストチャーチ、ノートルダム、そして世界一おろかな鳥居の神戸三宮

ニュース

「2011年の再来」を意味した、4月14日皐月賞のサートゥルナーリア優勝。
馬名由来は古代ローマのサートゥルヌスの祭り。
キリスト教の公現祭の起源。元ネタだそうだ。

>だとしたらこの優勝は、確実にクライストチャーチの事件とつながってることになる。
 もちろん神戸の「世界一おろかなクリスマスツリー」とも、「ミロク(救世主)の犠牲の十字」ともだ。


サートゥルナーリア~2011年の再来にそう書いた翌日、フランスでノートルダム大聖堂の十字型の屋根が焼け落ちた。
どう見たって「ミロクの犠牲の十字=火の禊の十字」のサインだ。


1stステージの"母なる水の禊"はエジプト神界と対応していた。
2ndステージの"父なる火の禊"はキリスト教、おもにローマカトリックと対応する。
2010年に示された「トリノ・エジプト展のシクミ」だ。

なので建国記念の日2月11日のエジプト独裁政権崩壊につづいて、3月11日に東日本大震災が起きた。

パリ・シテ島のノートルダムも、ローマカトリックの大聖堂である。
ちなみにシテといえば、日本では為手。
為し手。為す手(神の?)。
能楽では主人公を意味する。

「火の禊の十字」の主役といえば...。

クライストチャーチで狙われたのはモスクだったが、このところ欧米を中心にカトリック教会や聖母像の破壊が起きているそうだ。

そんな中、天皇陛下は4月18日木曜に剣と勾玉をたずさえて、伊勢神宮にご参拝。

> 木曜の伊勢をはさんで、炎+木+炎って。まるで火祭り。
  つぎの天皇の時代=サイクル25のために、弱体化した太陽(伊勢)に火をつけようっていうのか。
  それとも"父なる火の禊"の暗示なのか...。

※)陛下が外宮から内宮に移られたちょうどそのころ、台湾の花蓮では震度7を記録する大地震。

4月20日、いま阿蘇山が噴火中(4/16.19)の「日本列島の十字」のクロスポイント=諏訪大社上社前宮の長野県茅野市で、「9」棟を焼く火災が発生。
9=父なる天。

そして今日21日、この"火の禊の十字"の流れで起こるべくしてというか、やっぱりというか、去年の年末に「初詣には行かない方がいい」と警告した神戸(かんど)の生田の森が動いた。
世界一おろかなクリスマスツリーでつくられた、世界一おろかな鳥居(生田森坐社)がだ。

生田神社の三宮(宗像三女神のタギツヒメ)を由来とするJR三ノ宮駅近くのフラワーロード(布曳町)で、市バスが暴走。
20代の男女が心肺停止。6人が重軽傷を負う大事故となった。

個人的には生田の森の火災を気にしてたのだが、まあみずから犠牲になるような殊勝な事象源じゃないわな。

憶えてるだろうか。
時代錯誤のプラントハンターを自称する666の西畠(これも「西」だ)の世界一のクリスマスツリーが、
「人刎(ひとはね)」の"死の生命の木"だったことを。

だから人がはねられたのだ。

皐月賞のサートゥルナーリア祭から一週間後の今日。
東京競馬場ではフラワーロードならぬフローラステークス(GⅡ)が行われた。
その3連単は、4-2-9
これをなんと読むかは、ご想像におまかせします。

かたや、暴走した神戸(かんど)バスのナンバーは「28-81」。
「28」は人間の生体リズムとつながる数字で、そのリズムに影響するのが月のエネルギー。
「81」は、日本の国番号だ。

さすが闇の安倍が選んだ「令和」。
令月どころかすっかり月黄泉に取り込まれている。

>天は闇におおわれ、月黄泉は西に出ている。

☞ 『月と水の令和

かたや国番号94のスリランカでは同日、カトリック教会や高級ホテルを狙った爆弾テロが相次ぎ、当初は死者「137」名と発表された。
「137(いさな)」はクジラで、イザナミの事象数。
「94」はプルトニウム。
そして、第94代菅総理。
この事象数の組み合わせは、東日本大震災+フクシマ(カグツチ出産)のときとおなじ。

しかもことしの4月21日はイースター。
キリストの復活祭だ。

「2010年の再来」につづく、「2011年の復活」の流れ。

タテのラインが東日本大震災に対応した、"ミロクの犠牲の十字"の復活ってことじゃないの?

2ndステージはヨコの"藤原氏R369ライン"だ。
その藤原氏の氏神の一柱、香取神の布都怒志に、僕もやられたわけだし...。

神戸(かんど)バスの運転手は64才だそうだ。
未来ある20代の若者たちが事故の犠牲になった。

最近このパターンが多いように思う。
高齢者の暴走で未来を奪われるのは、たいてい若者か子どもだ。

ノートルダム大聖堂の火災のあと、19日に東京の池袋で起きた暴走事故もそうだった。
87歳のボケ老人が時速100キロの猛スピードで、「十」人を死傷させ、3歳の女の子と母親の未来を奪った。

「火あぶりになってもかまわない」の、ジャンヌダルク都知事のいる東京都庁のモチーフは、ご存じのようにノートルダム大聖堂。
池袋は東京「十」区。
ジャンヌダルク都知事の選挙区。
池袋駅のシンボルは、いけふくろう。
フクロウは夜。闇に飛ぶ。

ボケ老人の車はプリウス。事象的意味は、先駆け。
ナンバーはたぶん「・609」だと思う。

もしそうなら、69=陰陽のあいだに、今月「十」日に世界初の撮影成功が発表されたブラックホールのように開いた穴。

「609」の「0」って、この陰陽世界にブラックホールのように開いた黄泉の穴を意味してるとしか、僕には思えんとです。



【追記】

信じてもらえないかもしれんけど、ちょうど三ノ宮の事故が起きた午後2時ごろ、仏壇に水を供えるガラスのコップが割れたんだよな。
手元がくるって落としてしまった。
やっぺ、なんかあんのか?と気にしてたら、夕方のニュースで事故を知った。
フラワーロードの「花」は、スサノヲと」日本武尊のワードだし...。

                                2019.4.21
関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

secret