fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示する奥津彦~竈門炭治郎の守護神?

神さま案内板「ア行」


奥津彦(おきつひこ)は竈神(かまどかみ)。

興津彦とも、奥津日子とも書きます。

大歳倉稲魂命(おおとしくらむすび)の子で、素戔嗚尊(すさのを)の孫。

たぶん祖父の「火の気性」を受けついだのかな。

妻と諍いになり、心を映す「真経津(まふつ)の鏡」に身を映したところ、煮立って吹きこぼれた竈だったとか。

「竈神」はこれに由来します。


出雲大社の平成の大遷宮では、2013年9月19日に素鵞社の仮殿遷座祭がいとなまれ、素戔嗚尊の御魂が釜社に遷されました。

釜社の祭神は稲荷社とおなじ宇迦之御魂(うかのみたま)ですが、個人的には奥津彦なんじゃないかな、と。

父親の大歳倉稲魂命(おおとしくらむすび)も、一般には稲荷と同一視されちゃってますしね。

ともかく、この素鵞社→ 釜社の仮殿遷座と「鬼滅の刃」のムーブメントはつながってる気がします。

ちなみに素鵞社の本殿遷座祭は2015年7月20日。

週刊少年ジャンプで「鬼滅の刃」の連載がはじまったのは、翌2016年2月15日発売の11号からです。


奥津彦といえばやはり、「火水の祓(ひみつのはらひ)」。

火と水は、竈門炭治郎の「ヒノカミ神楽」と「水の呼吸」に通じます。

また、現在では混同されて祀られてますが、奥津彦は竈神といっても炊事や台所の神ではありません。

人々の邪心を祓い、「すずかの道」を伝えた神です。

「すずか」は伊勢神宮の近くに地名がありますよね、鈴鹿って。

鈴をつけた鹿を想像しちゃいますが、鈴の音が魔を祓うように、「すずか」とは清らかさ。

まが(曲・禍)なきまっすぐな心を意味します。

「すずかの道」とは、
人が人として生きるまっすぐな道。
人が人として生まれかわる道のこと。


こう言い換えてもいいです。

人が鬼ではなく、人として生きる道。
人が鬼ではなく、人として生まれかわる道。


生まれかわりは仏教ではなく、縄文のむかしからこの国に根ざしていた死生観。

「鬼滅の刃」では、炭治郎が斬った鬼は人であったころの記憶を取りもどします。

最期に人として生まれかわる余韻をのこします。

まさに炭治郎=奥津彦!

火水の祓と、すずかの道。


奥津彦は奥津姫とセットで祀られます。

奥津彦と奥津姫は、兄と妹。

奥津姫についての話は、残念ながら伝わってません。

でもそこがまた炭治郎の妹、禰豆子っぽいなって思います。

もしかしたら兄とともに「すずかの道」を旅したのではないか。

そんな想像を、かき立てられます。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

secret

すずかの道目指してすずかの道目指して

八倉比売神社で賜ったお札、思いもかけない繋がりに感動です。

養老の水は好きなんですが、
鈴鹿の水は好きじゃないです。
大山の水特価してて買うの並んでる時、前に居た見ず知らずのおっちゃん曰く、
大山のは並んでも買うが、鈴鹿のはまずい。
全く同感ですわと話したことありました。
養老と鈴鹿の採取地、水系どう違うのか気になってました。

Re: すずかの道目指してRe: すずかの道目指して

>ulalaさん
お昼にコメントしたあと、あこれ書いとこうと。
科学的な要因はわかりませんが、現代の「すずか」の水なんてマズいに決まってると思いますヨ。

火水の祓い火水の祓い

これは、ホツマツタヱの「地の巻22巻
」に掲載されてる防災にまつわる
重要な祝詞です。鬼滅の刃は全23巻ダ。

かの有名な占星術師マドモアゼル愛さん
が別荘地で発生した火災をボヤで収めた
祝詞もこれです。

地震、火災、水害、暴風雨、飢饉を
防ぐ文面になってます。

Re: 火水の祓いRe: 火水の祓い

>まさをさん
「もしも」シリーズですよね。
ほとんどの人は「ホツマツタヱ」を知らない前提で書いたので。
失礼しました。
文章をあらためておきます。
ところでマドモアゼル愛さんて「ホツマツタヱ」知ってるんですか。
おどろきです。

Re: 火付せを、火伏せに訂正しました>マイブログRe: 火付せを、火伏せに訂正しました>マイブログ

>…さん
ヒとフセをべつべつに変換すると火付になる可能性があるかと。
ご用心ご用心。

Re: 神々Re: 神々

>…さん
神々の履歴がいちばんわかるのって、やっぱ「ホツマツタヱ」なんスよね。
だから記紀神話にはない話も出てきますが、そういうときは「あ、ホツマツタヱだな」と思っていただければと。
森鍵一=初めの鍵。
そのとおりだと思います。
高浜原発では3号機とおなじプルサーマルの4号機で損傷が見つかり、再稼働が遅れるとのこと。
これが3号機にどう影響するかですね。

陸耳御笠陸耳御笠

鬼滅の刃は陸耳御笠と繋がっているかもしれません。

神谷神社の磐座が、鬼滅の刃でよく似た岩を切った場面があるそうです。
神谷神社の祭神は丹波道主命。
陸耳御笠を攻めた日子坐王の息子です。

鬼が人に戻る…鬼扱いされていても実は同じ人だった。そういうメッセージも感じてしまいました。

Re: 選択・洗濯Re: 選択・洗濯

>…さん
若狭湾は海幸山幸との関係が濃い地域です。
浦島太郎とも無関係ではないです。
志賀海神社のある福岡市は、山幸彦の妻豊玉姫信仰の地でもあるけど、やっぱ浦島伝説がある。
志賀大明神(安曇イソラ)はウミガメに乗って登場しますしね。
とくに若狭湾には凡海郷(おおしあまのさと)沈没伝説がありますから、これと竜宮がむすびついたってのもあるんでしょう。

ちなみにスカ首相はカスです。

Re: 陸耳御笠Re: 陸耳御笠

>ごうとさん
ニュース確認しました。
鬼滅ファンの聖地化を狙ってるとか。
丹後風土記では陸耳御笠を討ったのは彦坐王ですが、丹波道主とする伝説もあります。
あの岩を斬ったのは丹波道主。
もし鬼遣で四道将軍が動くなら、これも1stステージとおなじパターン。