fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示する月と水の令和

令和


 100_0579.jpg

最近、水素ステーションを見かけるようになった。
昭和チックなガソリンスタンドとちがって、その無機質なたたずまいは「令和」って語感がしっくりくる。

事象的には、水素は水蛭子のワード。
志登神社火災で「水蛭子の十字」が示されたのは、2014年7月15日。
翌2015年は原発再稼動元年であり、水素社会元年だった。
黄泉の大地母神イザナミが、国生みに向けて本格起動した年でもある。

「昭」という字は太陽を招くことを意味する。
「令」は、令月。
太陽の昭和と、月の令和。

太陽と火(カグツチ)の1stステージ。
カグツチ出産のフクシマは、昭和の清算でもあった。

平成は、一八十(いわと)成る。
原発ゼロの金環蝕は、岩戸びらき。
太陽のミロクが誕生した。

いまは月と水(水蛭子)の2ndステージ。
月のミロクへと向かう。

では昭和の清算は1stステージで終わったのかというと、もちろんそんなことはない。
たとえばいま旬の徴用工問題と、改正入管法による外国人労働者の大量受入れ。
両者がみごとに事象対応していることに、いったいどれだけの人が気づいてるんだろうと思う。

昭和と令和は、しっかり対応している。

じっさい元号発表直後に、あるアナウンサーはこう云ったらしい。
「命令の令に、昭和の和です」

令和という語は使役表現で、ふつうに読めば命令して仲良くさせるという意味になる。
お上の命「令」で国民が仲良く「和」したのもまた、昭和(戦前)の特徴だ。
その令和的スローガンってのが、

>欲しがりません、勝つまでは
>進め一億、火の玉だ
>りっぱな戦死と、笑顔の老母

イカレてる(笑)。

ことし1月3日。予告事象の日。
熊本の和水(なごみ)町で震度6弱が発生した。
大河ドラマ『いだてん』地震だ。

和水と、令和。
水と月の和。
地震も元号も、みごとに2ndステージのテーマを反映している。

おなじ流れで起きたこのふたつの事象。
『いだてん』の主人公、金栗四三(和水町出身)が四三=黄泉なら、とうぜん「令月」の月は、月黄泉ということになる。

和水町震度6弱によせて『月はどっちに出ている 』って記事にこう書いた。

>安倍日本の闇(83)にかがやくのは月黄泉。
>月がいったいどこに出るのか。
  このさき僕らは注意深くその動向を見きわめていかなければならない。

まさか、元号に出るとはね....。

令和の出典は万葉集巻五。
梅花の歌三十二首の序文。
舞台は大宰帥・大伴旅人の邸宅。

その大宰府に、元号発表の4月1日から観光客が殺到しているという。
令和って駅も、地名もないしね。
大伴旅人の邸宅があったとされる坂本八幡神社も大人気らしい。

太宰府といえば、「水蛭子のうみの十字」だ。
宗像大社(安倍宗任)と姫古曽神社をつなぐ、タテの七夕伝説ライン。
イザナミの国生みでせっせと破壊的世界秩序の機を織る、恐怖の姫古曽神のラインである。

これまでのパワーバランスが崩れ、姫古曽神社火災(6月6日)と志登神社火災で「水蛭子のうみの十字」が成立した2014年以来はじめて、「水蛭子のうみの十字」に事象エネルギーが集中してきてるってこと。

あんま行かないでよ、みなさん。

どうやら令和時代は生贄祭祀の月黄泉だけでなく、水蛭子の十字とともにある。
ということになる。

「四三」の4月3日。
平成最後の甲子園で、オワリ名古屋の東邦高校が優勝した。
おどろいたことに、平成最初の甲子園で優勝したのも東邦高校だった。

東にはじまり東に終わった平成。
その最大のイベントは、東日本大震災。

平成が東なら、令和は西だろう。
やはり月は西に出る。
どっかにその暗示はないかな。
もしかしたら令和最初の甲子園の優勝校が、「西」のつく高校かもな。
なんて思ってたら、
「令和」の考案者は、万葉集研究の権威である中西進氏だった。

もう出とるやんか。西。

おまけに最後(オワリ)に元号候補に追加されたそうだ。

ちなみにプロ野球では巨人が調子がいい。
そりゃそうだろうなと思う。
ハラ新監督の背番号は、増長する安倍政権とおなじ「83(闇)」だ。

野球は天の9神の事象スポーツ。
天は闇におおわれ、月黄泉は西に出ている。


                                    2019.4.5
関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

secret