FC2ブログ

☆国難と災ひ

ことしの歌会始のお題は「望」。
皇后陛下はこんな歌を詠んでいた。

災ひより立ち上がらむとする人に若きらの力希望もたらす

元キャリアウーマンらしく、じつに深みのないストレートな歌。
それはそれでかまわないのだけど、問題は「災ひ」。
安倍の「国難」といっしょだ。

かりにも日本を象徴する立場にいるものが、公の場でこういう忌詞を口にし、歌にするなんてありえない。
日本は言霊の国なのだ。

だから「国難」総選挙以降は激甚災害つづきだし、歌会始の「災ひ」もまた、あらたな災いを呼んでしまった。

事象的には、さすが88天皇の皇后さまというべきなのかな?


☆黄泉の斥侯ののぞき穴

2月16日、JR東京駅日本橋口の国道1号で、道路が陥没した。
幅38cmというから、小さなマンホールくらいの穴だ。

これ。いわば黄泉の斥侯ののぞき穴である。
黄泉の軍団が討ち入るための、地上の状況確認。

日本橋といえば「麒麟像」。
>麒麟は、黄泉(地下)からくる。

で、この陥没穴の翌日に示されたのが、例の「43の99り」。

日本橋の麒麟像の翼には、日本中にはばたくって意味がある。
斥侯がそのGOサインを出したからこそ、イザナミは「43の99り」を宣言した。
日本中を黄泉で99るってことだ。

もちろんこの斥侯は、3月14日以降に江戸討ち入りが予想される黄泉(よもつ)軍団の先兵である。


☆東京五輪と黄泉

イザナミが東京五輪をターゲットに入れてることがはっきり示されたのは、去年の予告事象の日1月3日。
熊本県北部地震だった。

最高震度6弱を記録したのは大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』の主人公、金栗四三の故郷、和水(なごみ)町。
「東京五輪+四三+地震」だ。

いわば「ダイヤモンド・プリンセス」が示した感染者99名うち日本人43名。
日本+43の99りは。
金栗四三の99り=五輪+黄泉の99りでもあるわけ。

で、問題なのが、「東京オリムピック噺」の帝都東京五輪1940が、中止された大会だということ。

原因は日中戦争の拡大。

フクシマはヒロシマの再来。
安倍日本は大日本帝国の再来。

ならば東京五輪を前にした武漢COVID-19の感染拡大が、安倍日本にとってどういうカルマの表出なのかは火を見るより明らかだと思う。


☆東京五輪中止の事象的目安

帝都東京五輪1940は中止され、帝国日本は1941年に太平洋戦争へと突入する。

その背景が、
日中戦争⇒ 日独伊三国同盟⇒ 第二次世界大戦、だ。

これをいまに置き換えると、

武漢COVID-19⇒ 日独伊三国同盟⇒ パンデミック。
ということになる。

すでに日本はもちろん、イタリアでも322人が感染、10人が死亡し、欧州に衝撃を与えるとともに世界同時株安の主要因ともなっている。

日本政府は基本的に、それが国際社会に通用するかどうかはべつとして、「どうせ治療法ないんだし死ぬのは高齢者なんだからさ、とくに検査やる意味ないじゃん」って立場だから、感染者数は150人程度。

ただ積極的に検査やって感染者数が激増した韓国の比率からすると、少なく見積もっても10倍はいることになる。

問題はドイツ。
いまのとこ16人だが、もしイタリアや日本のような感染拡大が起きれば、日独伊三国同盟が成立する。

日独伊三国同盟⇒ 世界大戦(パンデミック)、だ。

なので東京五輪中止の事象的目安は、ドイツで感染が拡大するかどうかってトコ。

ドイツがイタリアみたいな事態になれば、将来的に東京五輪は中止になる。
そう思っていいんじゃないかな。

パンデミックでなければ、帝都大震災が再来する、って。

荒唐無稽に聞こえるかもしれないけど、悲しいかなこのテの荒唐無稽を平然とやってしまうのがシクミの神たち。
これまでもそうだった。

まあすべてはイザナミの胸三寸。

イザナミが「水蛭子の聖火」をどう考えてるか。
どうしたいかに、かかってるんだけども。


関連記事
2020.02.26 / Top↑
Secret