fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示する水蛭子の聖火

東京2020


東京五輪の聖火の燃料は、水素。
フクシマの水素

双葉郡浪江町に整備中の世界最大規模の水素製造拠点、「福島水素エネルギー研究フィールド」。
そこで製造される。
開所予定日は、ナミ(73)の3月7日だ。

浪江町といえば、ごぞんじ「TOKIO」のDASH村。
農業の達人、三瓶明雄さん。
福島第一原発事故で、避難生活を余儀なくされた。

 三瓶さん

明雄さんが急性骨髄性白血病で亡くなったのは、2014年の6月6日。
くしくも姫古曽神社火災の日だ。

浪江町のとなりの飯舘村には、東北の狼信仰の中心、虎捕山津見神社がある。
フクシマのシールドだった。

そのシールドが破られたのが、2013年4月1日。
虎捕山津見神社火災=白い狼が黒いアヌビスに変わるとき...。

 虎捕山津見神社火災

破ったのはもちろん安倍政権。
アベノミクスが成長戦略の柱にかかげた、原発(フクシマ)輸出。
これがもうほんとにサイテー最悪。致命的だった。

結果、再会のイザナミは東京五輪開催決定の翌日2013年9月9日に、イザナギとの再会を果たせぬまま黄泉に堕ちる=トルコ日本人女子大生暴行殺傷事件。
「黄泉の99り姫」の誕生だ。

そして翌2014年の6月6日。恐怖の日。
虎捕山津見神社につづき、明雄さんが白血病でいなくなったこの国に、破壊的世界秩序の機織姫「恐怖の姫古曽(ひめこそ)」がよみがえった。

たぶん明雄さんって、「守り人」だったんだと思うな...。

明雄さんの「三瓶」のワードがふたたび示されたのは、2018年4月9日。
三瓶山の島根県西部地震(震度5強)。

黄泉の99り姫イザナミが、とうとう「国常立(くにとこたち)宣言」をやっちまった地震だ。

国常立尊は国祖神。原初日本の建国神。しかも独神(ひとりがみ)。
つまり「わらわの黄泉津日本をつくるぞよ」っていう「ひとり国生み」宣言である。

じっさいつづく4月25日に、TOKIOの山口祭(=はしまりの祭)。
5月に「TOKIOの御柱」が立てられ、そして房総沖スロースリップイベントとともにイザナミの「ひとり国生み神事」が開始される。

その後2018年19年とどんな激甚災害に見舞われたかはご記憶のとおり...。

「三瓶」山⇒ 「TOKIO」の御柱

この「DASH村+国生み」の構図には、母なるイザナミの真意、メッセージもこめられてんだけど、わかってもらえるだろうか。

だが今回の「浪江町の水素=TOKIO五輪の聖火」のニュースには、母心は微塵もない。
あくまで「黄泉津日本(よもつやまと)」への事象だ。

まず東京五輪決定と黄泉の99り姫がワンセットだったという事実を忘れてはいけない。
そして、水素燃料の聖火を推進してきたのがトヨタだという点もだ。

トヨタといえば、水素式燃料電池自動車「MIRAI」。
水素社会元年&原発再稼動元年の2015年。
この「MIRAI」販売開始に連動して発生した事象が、未来による殺人事件と未来くんの事故死(しかもゴミ収集車)。

きわめつけが高浜原発プルサーマル3号機「みらいくん」の再稼動。
例の「終いの未来」くんだった。

この「終いの未来」が熊本大地震の暗示でオワリでないことは、当時書いた。
未来の殺人も未来くんの死も、終いの未来も。
こうした未来への負の暗示がすべて、トヨタを通して東京五輪の聖火に集約されるということ。

さらにだいじなのが、「水素=水蛭子」。
水素はナガサキとともに水蛭子のキーワードだ。

これが示されたのも、水素&原発再稼動元年の2015年。
同時に、2013年9月9日以降沈黙をつづけてきたイザナミが黄泉の99り姫となって復活。
世界最大規模の超深発地震とともに列島制圧への大攻勢を開始。
国生み神事の現在に至る。

ここにきてほんっとすべての過去の事象がひとつにつながってきて、ある種の感動を禁じえないよ。
すっげ~な。これが神々のシクミかぁ!
って、カンジ。

ローマ法王inナガサキの「火の禊の十字」最終セッティングで示されたこの聖火トーチみたいなロゴマーク。
これってもろ、水蛭子の聖火だったんだな。

 フランシスコ日本訪問

フクシマ=カグツチ出産。
水素=水蛭子=ナガサキ。
まさに1stステージ+2ndステージ。
カグツチ出産から水蛭子出産へ。

3月26日にフクシマ。東日本大震災の2011年なでしこJAPANメンバーからはじまる聖火リレーは全国をまわり、水素燃料トーチの最終ランナーに受け継がれ、「88+隈」の杜のスタジアム水素燃料聖火台に点火される。

その聖火はフクシマ(ヒロシマ)のカグツチの火であり、水蛭子(ナガサキ)の火であり、終わりの未来の火だ。
ということになるよね。

もちろん「TOKIO五輪」の聖火自体が水蛭子出産ならば、たとえ爆発事故をともなっても文句はない。
被害が最小限ですむからだ。
でもまあそうは問屋が卸しそうにないよな。

地の11神の事象スポーツサッカーで阪神淡路大震災の「1995年」が示されてることは前に書いたけど、天の9神の野球でも、83(闇)の原巨人にくわえ、日高見高天原の東北楽天に背番号「88」の三木監督が就任したそうだ。

天に88。
地には闇。

だ。

88=崩壊神オオナムチ、である。

おりしも14日、出雲市で人質立てこもり事件が発生。
どうでもいいような事件だが、問題は現場の会社名、上田「コールド」。

かつての九頭竜湖の大型冷凍庫や、88の大型冷凍庫とおなじ。
凍るど!
ってこと(苦笑)。

逮捕されたのは千葉市緑区誉田町の中尾懐聖容疑者。
相模原障害者施設の植松聖もそうだけど、ほんと「聖」ってワード。逆転現象起こしてるよな。
やっぱ「聖火」もそうなんだろうか。

誉田町は誉田別尊=応神天皇=戦争の神。
聖戦→世界戦争→核の冬。
なんてのは考えにくいので、起きるとしたらコールド→戦争のパターンかな。

太陽黒点周期サイクル25=マウンダー極小期の再来。
あるいはリングオブファイヤの破局噴火による寒冷化とかね。

温暖化の現時点では考えにくいけど、将来的には冷和の黄泉津日本は「凍るど!」。
というのが、一貫した出雲側の事象的メッセージだ。


ところで、フクシマの浪江町の総鎮守は、式内苕野(くさの)神社。
東日本大震災の巨大津波で流され、原発事故の帰還困難区域なので再建どころか手つかずの野ざらし状態。
飯舘村に分社をつくったって話だけど。

じつはこの神社の祭神には、闇からの再生のメッセージがこめられている。

闇淤加美神と高淤加美神。
五十猛神と大屋津姫神、抓津姫神。

前者は一般に水の龍神とされ、今回のシクミではおもに「みらいくん」の若狭の闇と結びついている。
これに対し、後者はスサノヲの子。
木を植えた神々だ。

浪江町の水素 =水蛭子の聖火=終わりの未来の火。
「火の禊の十字」のあとの、再生の木。

だが東南アジアやアマゾンの熱帯雨林のみならず、オーストラリアでも巨大森林火災が発生している現状では、再生の木に期待をよせるのはなかなかむずかしいかもしれないな。


関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

secret

あなたに、話があるっていわれても、ねあなたに、話があるっていわれても、ね

教皇来日記念のロゴ、まさに聖火ですね〜
そうしか見えなくなりました。
去年秋にこちらのブログで初めて目にしましたが、その後、
高輪ゲートウェイ付替工事の日たまたま上京し、目黒の教会前に貼られてたポスターで再見。
projectだと思い込んでたらprotectだった。
J と T 、パッと見は似てるでしょ。
神の計らいシクミが、All LIFE の護りと紙一重、
神のほんの微妙なはからいなんでしょうか。

Re: あなたに、話があるっていわれても、ねRe: あなたに、話があるっていわれても、ね

> ulalaさん
なるほど。聖火projectですね。
神の微妙なはからいでしょう。
麒麟に乗った水蛭子が聖火トーチをもって、ゲートウェイから現れるのかもね。

Re: 73Re: 73

> ・・・さん
竹内睦泰さんって子どもさんいないんですよね。
継承者ってどうなるんでしょう?

Re: スサノオRe: スサノオ

>・・・さん
島根といえば出雲。
出雲といえばヘビ。
疫病といえばスサノヲ(牛頭天王)。
新型コロナウイルスとつながってなければいいんですが。
あとすみません。なんでもいいのでコメント時にタイトルを入れてもらえると助かります。