FC2ブログ

今日4月8日は花祭り。

だから救世主の夢見たのかな?

舞台ヨーロッパだし、釈迦じゃなかったけど。

昨日4月7日は「WHOデー」。

東京の新規感染者数は「555」だった。

4月3日の大阪は「666」。

やっぱこの辺に、東京と大阪のちがいが出てると思う。

「555」は国常立尊系。艮の金神系の事象数。

「666」は闇系。

畿内という意味では「ミロクの犠牲の十字」の「ミロク」でもある。

かつてイザナミは国生みに際して「国常立」宣言をしたわけだけど、東京はイザナミにくわえ、国常立尊系の事象数が出やすい。

首塚の将門公は怨霊だけど、なぜか「闇」ではないんだよね。

鬼門系、艮の金神系だよな。

4月8日、奈良県では過去最高の「88」人だそうだ。

これなんかやっぱり、三輪山なんだろうな。

三輪山といえば崇神天皇。

その墨坂と逢坂の「88」祭祀もふくめて。


関連記事
2021.04.08 / Top↑

今朝、地震の夢を見た。

とても長い夢だ。

といっても、多少憶えてるのは最後の部分だけ。

救世主がどのようにあらわれ、どのように導き、そして失意のドン底に至ったのか、ぜんぜん憶えてない。

いろいろあったんだけどね。

惨劇のシーンは一部記憶にあるし、うしろには庶民の長い列ができてたから、王国軍から逃れ逃れて、ついに力尽きたってカンジだったんだろう。

たぶん16~17世紀のヨーロッパ。

すごく暗い世界。というか風景。

ゴヤの絵みたいな。

僕は、失意のあまりスライム状になりかけた救世主を抱き、祈り、勇気づけ、なんとか復活させる。

救世主はふたたび歩きはじめ、僕らもそれに従うんだけど、しばらくすると彼は両手をひろげて皆を制止。

そこにとどまるよう指示する。

すると地割れが起き、ゴゴゴッと僕らの列に沿って彼方へと走ってゆく。

そこで意識が寝ている自分にもどって、異様な振動を感じて目を開けた。

「地震だ。ヤバい。デカイぞこれ」

で、また夢に落ちて、つぎつぎと崩れゆく遠くの城塞都市を見ている。

そこからは自分んちの天井と夢を、視野が行ったり来たり。

「いかん、逃げなきゃ」とか、「いやこの地震は夢だから起きればいいんだ」とか。

一種の金縛り状態。

いつのまにか深い眠りに入ってたわけだけど。

僕はそのときたしかに部屋で物が落ちる音を聞いたし、じっさい朝起きたらフォトフレームがひとつ倒れ、ごちゃごちゃ積み重ねてあった本や書類が崩れてた。

で、てっきり、「ああほんとに地震あったんだ」と....。

でもさ、じっさいは起きてなかったんだよな。

さっき知った。(^ ^;)

も、もしかしてポルターガイスト?

というか、「いかん逃げなきゃ」って夢うつつでジタバタしてたときに、自分で無意識になんかやったんだろうけどね(笑)。


【追記】

翌日4月9日から、イザナミ「黄泉がえり」のトカラ列島悪石島の海域ですごい群発地震。

やっぱこの手の夢は、シクミ的に重要な地震のまえぶれなんだろう。

どこで起きるかはわからんけど。


関連記事
2021.04.08 / Top↑