fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示するJOC会長辞任の意向

東京2020

JOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長が辞任するらしい。
東京五輪招致をめぐる贈賄の疑いで、フランスの司法当局が捜査中。
本人は潔白を主張し、辞任する気はなかったようだけど、周囲の声には勝てなかったみたいだ。

それにしても大丈夫か? 東京2020。

予告事象の日、1月3日に、熊本県和水町で震度6弱=「いだてん」地震。
あきらかに東京2020を意識した予告事象。
(事象源の疋野神社は、金栗四三にちなんだ絵馬を1月1日から限定販売)

その東京オリムピック大河ドラマ『いだてん』のピエール瀧がコカインで逮捕。

おまけに視聴率はワースト記録の8%台と超低迷。
深夜番組「タモリ倶楽部」といい勝負。

日本水泳界のホープ、池江璃花子選手は白血病。
JOC会長まで辞任とは。

(しかも4月5日公開の映画『麻雀放浪記2020』では、ピエール瀧=戦争で中止になった東京五輪組織委員会元会長の杜(もり)さんだって。なんか暗示的)

IOC会長がバッハ氏だけに、あの曲を思い出しちゃうよ。




まあ、新国立競技場の計画案(ザハ案)見直し問題に、五輪公式エンブレムの盗作問題。
最初からつまづいてたけどね。

その点、新元号はクレーム対策にもぬかりはない。

発表は4月1日。
もしなんか問題あっても、
うそだっぴょーん。
エイプリルフールだっぴょーん。

って、いえるもんね。


                                         2019.3.17
関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術