fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示するサイクル24のオワリ

宇宙


神々シリーズを終えてから、MYアンテナを引っ込めてたので情報に気づかなかった。
どうやら「サイクル24」がオワリを迎えているようだ。

出雲大社の大遷宮開始~イザナミ回帰日蝕にともなうカタチではじまった、太陽黒点周期である。

先月の黒点相対数の月平均値は0.8。
黒点が見えたのは2月13日と21日の二日だけ。
2009年8月以来となる低い数値らしい。


サイクル24

『宇宙天気ニュース』によると、新たな「サイクル25」の磁場の並びが発生したのは2月6日。
前のブログと、このブログのあひだ。


 サイクル25のあらわれ  ※NとSが逆 

時期尚早かなと思いつつもブログを立ち上げたのは、タイミング的には正解だったかもしれない。
また、YAHOOブログがサービス終了を発表したのも、サイクル24のオワリとリンクしてってことになる。

YAHOOブログがはじまったのは、伊勢神宮式年遷宮開始の2005年。
このまま「2013伊勢出雲同年遷宮のシクミ」も、いいかげん終わってくれるといいんだけどな。

5月には新天皇が即位し、元号が変わり、この国は新たな時代を迎える。
それに先んじて「サイクル25」の兆候があらわれるとは、なんてタイムリーなんだと思う。

おまけにあと出しは太陽の方だから、天照大神が合わせてくれたってカンジ。
さすが天照大神の子孫たる天皇。
さすが日の本の国、だ。

ただし懸念材料がないわけではない。

まず第一に、もし日本列島と僕らの社会が「シクミ」の渦中でなければ。こういうタイミングの一致は起きなかったということ。

おまけにその「シクミ」ときたら、まるで安倍自民党のように出雲一強時代である。

これだけ出雲のパワーが増大し、しかも僕らはいまだにニセの太陽(原発)を信仰してるのだ。
「サイクル24」がそうだったように、「サイクル25」もなかなか立ち上がらないって状況になりかねないし、立ち上がったとしても、「サイクル24」をさらに下まわる太陽活動の低迷期となる可能性が高い。

その場合、「九頭竜湖の大型冷凍庫」や「88の大型冷凍庫」など、過去の事象が予告してきたように、17世紀に起きたマウンダー極小期の再来ってことになる。
極寒の世界だ。

とにかく待ち望まれるのは、太陽(伊勢)の復活!

だが、どうやら雲行きが怪しい。

出雲88事象が開始された2008年8月8日に、日本一の富士山に初登頂したあの「88」皇太子。
その即位礼正殿の儀と、祝賀行列は、よりにもよって10月22日(火)に行われる。

奥州安倍氏滅亡の日。
例の「オワリのはじまり」の日だ。

2017年10月22日、「国難」解散総選挙。
2018年10月22日、平安神宮の時代祭で馬が暴走。
              国家レベルの火伏せ「鞍馬の火祭」が台風21号の被害で30年ぶりに中止。

去年の10月22日は、僕自身のオワリのはじまりの日でもある。
(それを回避するために『神々が動いている』シリーズを終了した)

そして2019年。
天皇即位の祝賀パレード=オワリのはじまり。

って、どうよ。

激動の昭和。
変動の平成。

このままでは、「サイクル25」は「サイクル24」をさらに上回る大変動の時代になってしまいそうだ。


                                      2019.3.5   
関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術