fc2ブログ
猫とワタシ

ねことそらのあひだ

  猫と神話とつぶやっきーな日々

この記事のみを表示するばらかもん

音霊



  



  



関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術

この記事のみを表示する伊豆大島震度3~ねことそらのあひだで

地震・火山


天(ama)、地(tsuchi)、人(tome)。

このブログのコンセプト。

天地が「あめつち」じゃなく「あまつち」なのは、海(ana)と掛けてるから。

天=そら。
地=ねこ。

いまから11000年前。
初期の大地母神の神使は、ネコ科の動物だった。

つまり「そらとねこのあひだ(あいだ)」は、人=自分(Tome)。

僕は学生時代からずっとTomeとか、Tomeさんとか呼ばれたきたんだけど、天地人=ama.tsuchi.tomeのコンセプトには、天地の変動をなんとかトメてほしいという願いもふくまれている。

SMAP、TOKIOにつづいて「嵐」の2020活動休止が報じられた翌日、関東沿岸部に強風が吹き荒れた。
その1月28日、僕は東伊豆町にいた。
『IZU稲取』の写真は、そのとき撮ったものだ。

あたらしいブログの最初は、テレビを観る「はな」で、タイトルはON AIR。
二番目は、稲取温泉の夕暮れの写真にしようと思ってた。

いつかタイトル思いついたら、身辺の状況や事象の様子を見ながらブログを書きはじめよう。
で、思いついたのが、2月14日になった夜だった。

後日気象庁の地震情報を見てたら、2月14日に伊豆大島で震度3が起きてたことに気づいた。


 201902140113.png
 
  14日01時13分。伊豆大島近海。
  M3.4。震度3。深さ0km。

たぶんベットのなかでタイトルを思いついた時間帯。

静岡の伊豆半島にひとつ「〇」がついてるけど、もろ東伊豆町だ。
稲取の写真の背景に映ってるのが、伊豆大島。

 ☞ https://blogs.yahoo.co.jp/amatsuchitome/66244184.html

地震回避の意味もふくめて『神々がうごいとーと』を終わらせたのに、このシンクロ、やはり再開は時期尚早だったってことなのか。
まだ引きずってるのか。

このままつづけていいものかどうか、正直迷っている。

ジオパークの伊豆は、フィリピン海プレート。
プレート境界の伊豆大島で起きた、火山性の地震。

また伊豆といえば卜部神道。
のちの吉田神道である。
律令日本における神道の起源は、卜部氏の壱岐対馬と伊豆だ。

それだけに、このシンクロはやはり気になる。
敏感になりすぎてるだけなら、いいんだけど。



                                        2019.2.17
関連記事

テーマ:神話と事象
ジャンル:学問・文化・芸術