FC2ブログ
桃の節句の3月3日に、小さいけど気になる地震があった。

201903032004.png

震源は長野県南佐久郡川上村。
M3.6の震度2。深さは10km。

埼玉、山梨との県境付近。
千曲川の源流。関東山地の中心。奥秩父山塊と呼ばれる一帯だ。

地図を見くらべてみてほしい。
フォッサマグナに島のように浮かぶ関東山地全体がゆれたカンジ。


フォッサマグナ2 201903032004b.png

長野県は地震が多い。
だがほとんどは、2014年11月22日の神城断層地震(6弱)のような糸魚川静岡構造線ぞい。
2014年9月27日に噴火した御嶽山の近辺。
2011年の東日本大震災に連動した新潟の十日町断層につづく、長野盆地西縁断層帯で起きる。

下の断層地図を見てもらえばわかるように、3日の地震は断層が確認されていない空白域で起きためずらしい反応だ。


長野県の断層

この地震が将来的にどんな意味をもつのかはわからない。
ただ事象的にいえば、あきらかに「帰ってきた縄文」の流れだ。

つまり、縄文(黄泉)の大地母神イザナミの国生みの流れ。
女の子の節句3月3日はけっこうイザナミ事象が起きる日だしね。

長野県南佐久郡川上村といえば、去年5月に日本遺産に登録された、『星降る中部高地の縄文世界』。

 ☞ https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story061/index.html

八ヶ岳を中心とした黒曜石の文化圏で、縄文中期にとても芸術的な土器や土偶を生み出した。
諏訪大社上社前宮がある長野県茅野市出土の国宝『縄文のビーナス』や『仮面の女神』もそう。


茅野市縄文のビーナス 茅野市仮面の女神 ※グラウンディングがスゴいよね(笑)

震源の川上村は、大深山(おおみやま)遺跡。
人面香炉型土器が有名で、一般に「ウルトラマン」と呼ばれている。


長野県川上村ウルトラマン

帰ってきた縄文の流れ+ウルトラマン。
帰ってきたウルトラマン?

ウルトラマンはM78星雲。
縄文といえば『アメノミオヤ(2)』に書いたように、星信仰。
そういう地震なのかな?

黒曜石のかがやきは、まるで地上の星。
先月の記事で、静岡県賀茂郡河津町の見高神社を紹介した。

 ☞ https://amatuchitome.blog.fc2.com/blog-date-20190421.html

すぐ裏手にある見高段間遺跡は、神津島産黒曜石の一大物流センター。
星降る中部高地の縄文文化を支えた星糞峠の黒曜石とも、ルート的につながっている。

黒曜石は、現在では魔除けや目ざめのパワーストーン=オブシディアンとして知られる。
3日の地震も、そういう反応であってほしいなと思う。


【追記】

奥秩父山塊の埼玉県側ではことし1月9日にM4.1、深さ150kmの深発地震が起きていて、関東山地の地下深くにもぐりこんだプレートの影響だと考えられる。
近年話題になっている関東フラグメントも関係してるのかもしれない。

 ☞ https://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/2008/nr20081010/nr20081010.html

また去年6月にはM2.3、深さ10kmの地震が起きてて、増加傾向にあるらしい。
3日の長野県側の地震もそのひとつということになる。
関東山地の地震は小さいけども、今後も注意して見とく必要がありそうだ。


2019.3.4
関連記事
2019.04.30 / Top↑
                 はな190218

                 はな190218b

                     ダンゴムシか~い

                                           2019.3.3
関連記事
2019.04.29 / Top↑

16世紀の宣教師が伝えた日本の創世神話のワード、風と卵.。
風は息吹。卵は宇宙卵。

『ホツマツタヱ』は、この世界はアメノミヲヤの息からはじまったとする。
その息吹によって混沌に回転が生じ、回転によってウツホ(原初宇宙)がうまれ、拡がっていった。

ウツホとは壺や子宮のような空間のこと。
一種の宇宙卵型神話だ。


 ウツホ

高速回転するウツホ(宇宙卵)の中心はやがて御柱(みはしら)となり、そこから陰(-)と陽(+)が発生する。
陰は地となり、陽は天となった。

イザナギ(+)とイザナミ(-)の天之御柱神事は、これに倣ったもの。
記紀神話では国生みの段でいきなり天之御柱が登場するので、それがどんな意味をもつのか、なぜまわりを巡ったのかがわからない。

アメノミヲヤの天地創造にもとづいた国生みの神事だったことが、『ホツマツタヱ』から読み解けるわけだ。

アメノミヲヤは宇宙のすべての神霊、魂の根源でもある。
その御柱は天と地をつなぐ柱となっていまも地球と僕らにエネルギーを送りつづけている。

柱のなかには九つの管があって、真ん中をアメノミナカヌシ(天御中主神)。
まわりの八つをそれぞれ「トホカミヱヒタメ」という。

妙見(天御中主神)を祀るフクシマ相馬氏の九曜紋は、アメノミヲヤの御柱(みはしら)を輪切りにしたようなカンジだ。


 相馬九曜紋

そういった視点からも、僕らはなぜフクシマで世界最大の原発事故が起きてしまったのか、考えてみるべきだと思う。

神人というのは、天と地をつなぐこのアメノミヲヤの御柱=天之御柱と一体化した人のこと。
神々を一柱、二柱とかぞえるのも、一般にいわれるような単に神霊が木に宿り、木が柱になるからって理由じゃない。
この辺は、スピリチュアルでいうところの「光の柱」と一致するかも。

アメノミヲヤの回転と柱のモチーフは、縄文のストーンサークルにも表現されていると思う。
ストーンサークルに死者が埋葬されたのは、死後に神となる祭祀がおこなわれていたからだろう。

もちろんそれは、再生、誕生の願いをこめた儀式でもあったろう。
アモト(宇宙の根源)にタマ(魂)が帰り、ふたたびもどってくる「ユキキノミチ(転生)」は『ホツマツタヱ』に語られる死生観であり、縄文の死生観でもある。

アメノミヲヤはサコクシロの中心にます。
サコクシロとはいわば宇宙の環のこと。
ようするに高天原のことなんだけど、記紀神話の高天原とはちとニュアンスがちがう。

サコクシロの中心はキタノホシ。北極星。

北極星といえば、古代中国の天皇大帝(てんこうたいてい)。
天皇の称号の元ネタとされる。

それまでの大王(おおきみ)から天皇(すめらみこと・すめらぎ)に変わったのは、663年の白村江の敗戦から十年後に即位した天武天皇のとき。
新生律令国家日本へとまっしぐらの時代だ。

とってつけたわけじゃない。
もともと北極星を中心とするなんらかの思想、もしくは神話があったからこそ、天皇って称号を選んだんだと思う。

大和朝廷は中央集権の律令国家建設にあたって天皇を万物(宇宙)の中心とし、天にはアマテラス(太陽)、地には仏教を置いた感がある。
そして民間をふくめ、いっさいの星信仰を封印してゆく。
だって天皇=宇宙の中心なのだから。

記紀神話を見ればわかると思うけど、こんだけ星が語られない神話はないって。
ほんのちょびっと、高天原に背いた悪神として出てくるだけだ。

日本は海に囲まれた島国。
海洋民、航海の民が、夜空の星を観なかったと思う?

隋書倭国伝には、小野妹子ら遣隋使一行が伝えた日本の政務についてこう記されている。
>天が明けないうちに政務をおこない、日が出たらやめる。と。

もろ夜型じゃん(笑)。

聖徳太子の時代にはまだ、政務は太陽ではなく星のもとに行われていたことになる。
星と太陽のあひだに、大王(おおきみ)はいた。

古事記が初発(はじめ)の神とする天御中主神にしても、国の正式な歴史書である日本書紀の本文ではすっかり無視されちゃってる。
律令型神話へと再編される段階で、天地創造神アメノミヲヤは消されてしまったのではないかと、僕は思う。

人民(おおみたから)は天皇の赤子。
人民にとっては天皇こそが、天の御親なわけだしね。

いまの神道では、僕らの魂は天照大神の分霊(わけみたま)とされる。
だがつきつめれば、天照大神も僕らも、アメノミヲヤの分霊。
ということになる。

アメノミヲヤは宇宙のすべての魂の、根源なのだ。


                                              2019.3.1
関連記事
2019.04.28 / Top↑

天御祖神

天地創造神。
宇宙のすべての魂の根源。

『日本書紀』では、
>ときに天地(あめつち)の中にひとつの物なれり。かたち葦芽(あしかび)のごとし。
 すなわち神となれる。 国常立尊(くにとこたちのみこと)と申す。

『古事記』では、
>天地はじめてひらけしとき、高天原に成れる神の名は天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。

それぞれ国常立尊と天御中主神をはじめの神としていて、「天地いまだわかれず、陰陽(めを)わかれざりしとき」の神的存在については言及していない。

つまり日本の神話には、聖書のエホバのような天地創造神はいない。
ということになる。

聖書を教典とする唯一絶対神信仰とはちがって、日本は多神教。
日本書紀の冒頭の部分、「渾沌(まろか)れたること鶏子のごとく」も、多神教の宇宙卵型神話に分類することができる。
原初の宇宙は卵だったとする考え方だ。

近代文明をリードしてきた先進国はおおかたキリスト教国なので、僕らにとっても多神教より唯一神の方がなじみが深い。
多神教=未開。唯一神=文明。
どこかにそんなゆがんだものの見方がしみついちゃっている。

科学だって、唯一神信仰の思考パターンを受けついでいる。

だがもともと人類は多神教で、紀元前6世紀に捕囚となった一民族が、民族のアイデンティティを守るために編み出したのが、唯一神という特殊な信仰形態。

虐げられた彼らは、自分たちは神によって苦難の道を歩かされているのだと考えた。
それはこの世界をつくった唯一絶対の神であり、いずれ世界にはその裁きの時が訪れ、われらは神が遣わしたメシア(救世主)によって約束の地へと導かれ、救われるのだと。

その異常な信仰パターンが、のちにキリストの十字架のおかげで世界を席巻した。
局所的かつ排他的なカルト宗教が、超メジャーになっちゃったようなものだ。

20世紀の半ば、国際社会が地球環境問題に目を向けるきっかけとなった理論がキリスト教圏から発表され、多神教の母神の名をとって「ガイア理論」と名づけられた。
これは興味深い。

唯一神では地球環境は救えない。
そう宣言したようなものだからだ。

いったいほんとはどっちが未開なんだろうね。

ところで、多神教には天地創造神はいないのかというと、もちろんそんなことはない。
唯一神みたいに、いちいちしゃしゃり出てこないだけ。

多神教では、天地創造神は絶対神ではない。
時代やニーズの変化にともなって、主神だって変わってゆく。

そういった意味では、古事記や日本書紀にないからといって日本に天地創造神は存在しないと断定することはできないと思う。

たとえば平安中期の延喜式に記されたいわゆる式内社には、初発(はじめ)の神、天御中主神を祀る神社でさえいっさい存在しない。
必要とされなかったからだろう。

でも僕らはアメノミナカヌシという神を知っている。
古事記や日本書紀の一書に登場するからだ。

もしさらに古い時代の歴史書。たとえば『天皇記』や『国記』が現存していれば、もしかしたらそこには天地創造神にかかわる記述がまだのこされていたかもしれない。

律令国家建設にあたって、大和朝廷は太陽神アマテラスを高天原のトップに位置づけ、神話を再編している。
天地創造のニュアンスは、アマテラスの親神であるイザナギとイザナミに与えておけば、それで事足りた。
さらに古い時代の神々に言及するメリットはあまりない。
稲作以前の神は重要ではなかったのだ。

くりかえすけど、日本書紀と古事記が日本の神話のすべてってわけじゃない。

16世紀に日本を訪れた宣教師のひとりは、「(宇宙)卵が風で破られて天と地になった」という日本の創世神話を本国に伝えている。

そういう意味でじつに興味をそそられるのが、『ホツマツタヱ』に語られる天地創造神だ。

アメノミヲヤ、という神である...。


                                            2019.2.26
関連記事
2019.04.28 / Top↑

 201902212122.png

鳩山元首相が去年の北海道胆振東部地震および21日の余震(震度6弱)を、「人災」とツイートして波紋を呼んでるらしい。
苫小牧の炭酸ガス地中貯留実験CCSによるものだ、と。

鳩山元首相といえば、自他ともに認める宇宙人
つまり「宇宙人からの警告」だ(笑)。

いや冗談ではなく、事象的にはそういうことになる。

苫小牧だけでなく、安平町の南早来変電所には世界最大規模の6万KWの大型蓄電システム(2016年2月完成)があって、実証実験が行われている。
そうした場所で去年大地震が起きたのは事実なのだ。

神戸市の「山、海へ行く」と、阪神淡路大震災。
福岡市のアイランドシティと、福岡県西方沖地震。
飛騨のスーパーカミオカンデ(ニュートリノビーム実験)と、北アルプスの地震多発。

岩手宮城内陸地震では、ダムの乱立が指摘された。


 岩手宮城内陸地震

もちろんこれらの因果関係を科学的に立証することはできないし、立証する試みもなされていない。
ささやかれるウワサの域を出ない。

でもまあ、火のないところに煙は立たぬって云うしね。

そういえば福岡市はいま、アイランドシティ以来となる大規模埋め立て事業を計画してるそうだ。

 
 福岡市埋め立て

規模的にはアイランドシティとくらべものにならないけど、福岡県西方沖地震で陸の警固断層にひずみがたまってる状態なだけに、ヤブ蛇にならなきゃいいんだけど...。

とくに「シクミ」展開中のこの時期。
人間社会の変化は確実に、天地の変動を呼ぶのだ。


                                             2019.2.25
関連記事
2019.04.27 / Top↑

     100_0572.jpg


     100_0573.jpg
                                        2019.2.24

関連記事
2019.04.25 / Top↑

              はな190121b
      

2010.2.20

関連記事
2019.04.25 / Top↑


  



  



関連記事
2019.04.23 / Top↑

天(ama)、地(tsuchi)、人(tome)。

このブログのコンセプト。

天地が「あめつち」じゃなく「あまつち」なのは、海(ana)と掛けてるから。

天=そら。
地=ねこ。

いまから11000年前。
初期の大地母神の神使は、ネコ科の動物だった。

つまり「そらとねこのあひだ(あいだ)」は、人=自分(Tome)。

僕は学生時代からずっとTomeとか、Tomeさんとか呼ばれたきたんだけど、天地人=ama.tsuchi.tomeのコンセプトには、天地の変動をなんとかトメてほしいという願いもふくまれている。

SMAP、TOKIOにつづいて「嵐」の2020活動休止が報じられた翌日、関東沿岸部に強風が吹き荒れた。
その1月28日、僕は東伊豆町にいた。
『IZU稲取』の写真は、そのとき撮ったものだ。

あたらしいブログの最初は、テレビを観る「はな」で、タイトルはON AIR。
二番目は、稲取温泉の夕暮れの写真にしようと思ってた。

いつかタイトル思いついたら、身辺の状況や事象の様子を見ながらブログを書きはじめよう。
で、思いついたのが、2月14日になった夜だった。

後日気象庁の地震情報を見てたら、2月14日に伊豆大島で震度3が起きてたことに気づいた。


 201902140113.png
 
  14日01時13分。伊豆大島近海。
  M3.4。震度3。深さ0km。

たぶんベットのなかでタイトルを思いついた時間帯。

静岡の伊豆半島にひとつ「〇」がついてるけど、もろ東伊豆町だ。
稲取の写真の背景に映ってるのが、伊豆大島。

 ☞ https://blogs.yahoo.co.jp/amatsuchitome/66244184.html

地震回避の意味もふくめて『神々がうごいとーと』を終わらせたのに、このシンクロ、やはり再開は時期尚早だったってことなのか。
まだ引きずってるのか。

このままつづけていいものかどうか、正直迷っている。

ジオパークの伊豆は、フィリピン海プレート。
プレート境界の伊豆大島で起きた、火山性の地震。

また伊豆といえば卜部神道。
のちの吉田神道である。
律令日本における神道の起源は、卜部氏の壱岐対馬と伊豆だ。

それだけに、このシンクロはやはり気になる。
敏感になりすぎてるだけなら、いいんだけど。



                                        2019.2.17
関連記事
2019.04.23 / Top↑
菊水作戦のように死地へと向かったワード、菊池。

向かったさきは、芭蕉のいうイブキドヌシの風寒き里。茨城県神栖市。

「父なるもの」への大祓の流れで、パパ活?

菊池といえば、遠野。

遠野といえば、瀬織津姫。

水の瀬織津姫も、風のイブキドヌシも大祓の神。祓戸大神。

「捺」という字には、押さえつける意味がある。

「奈」は、神へのささげもの。これに手へんがつくと、むりやりって感じ。

「捺未」のワードはいけにえの未(ひつじ)だし、いけにえの未来を暗示する。

菊池の「菊」は日本の象徴。

日本を代表する「池」。そして瀬織津姫の「水」とくれば、水泳の池江選手。

白血病のニュースはすごくショックだった。

東京五輪決定の翌日、2013年9月9日にふたたび黄泉に堕ちたイザナミ。

ぜったいなんかやってくると思ったよ。

「父なる日本」の象徴、安倍の祖先、奥州安倍氏はアラハバキと瀬織津姫信仰。

昭恵夫人も「水」の瀬織津姫信仰だよな。

おまけに桜田五輪担当相は、フクシマのホットスポット柏市(千葉)ときている。

柏は「白」だし。

菊池と池江。ふたつのニュースはつながっている。

東京五輪はあきらかに大祓のターゲット。いけにえの未。

だがたとえどんなに困難な道でも、池江選手にはぜったい復活して、

イザナミの鼻を明かしてほしいと、心から思う。


2019.2.17
関連記事
2019.04.22 / Top↑